スポンサーリンク

りんご5個、なし4個を2人で分ける組み合わせの問題の解き方は?【SPI】

科学

SPIや数学・算数で高得点を取れるようになるには、たくさん問題を解くことが大切です。

例えば、「りんご5個、なし4個を2人で分ける場合の組み合わせの問題」といった、論理的思考が求められる問題がありますが、この解法や答えについて理解していますか。

ここでは、このパターンの問題として「りんご5個、なし4個を2人で分ける場合の組み合わせは?(最低1個の果物を含める場合)」という問題の解き方と答えについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

りんご5個、なし4個を2人で分ける場合の組み合わせの問題の解き方と答えは?

それでは以下で、りんご5個、なし4個を2人で分ける場合の組み合わせの問題の解き方と答えについて見ていきましょう。

問題の詳細は以下の通り。

・問題

りんご5個、なし4個を2人でXさん、Yさんの2人で分けるとします。どちらの果物においても、少なくとも1つは含め、4個か5個受け取るようにする場合の組み合わせは何通りか?

このようなシンプルな組み合わせの問題では、その状況を1つずつ整理していく必要があります。

まず、Xさん、Yさんともに4個か5個受け取る必要があることから、

・Xさんが4個、Yさんが5個
・Xさんが5個、Yさんが4個

の2パターンのみに限定されるのがわかるでしょう。

つまり、どちらかのパターンでの組み合わせを求めた上で、2倍すれば答えになるわけです。

ここでXさんが4個、Yさんが5個として処理していきます。

Xさんがもらう4個の果物に着目し、その中に両方の果物を少なくとも1個入れる必要があるため(問題の条件より)

・りんご1個、なし3個
・りんご2個、なし2個
・りんご3個、なし1個

と3通りあることがわかりましたね。

これらを決めるのYさんの5個分の内訳も自動的に決まるため、このパターンのみの考察でOKです。

結果として、

「2×3=6通り」

がこの、りんご5個、なし4個を2人で分ける場合の組み合わせの問題の答えとなるのです。

条件として、

・最低1個の果物は含めること

・各々が4個か5個の果物を受け取ること

を満たした上での組み合わせの数を求めるという前提を忘れないようにするのがポイントですね。

 

まとめ りんご5個、なし4個を2人で分ける組み合わせの問題の解き方は?

ここでは、りんご5個、なし4個を2人で分ける組み合わせの問題の解き方は?について解説しました。

組み合わせの問題では、何をしているのかわからなくなる場合があるため、この機会に解き方を理解しておくといいです。

さまざまな計算に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました