スポンサーリンク

50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~という問題の解き方と答え【SPI】

科学

SPIや数学・算数で高得点を取れるようになるには、たくさん問題を解くことが大切です。

例えば「50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~」といった、論理的思考が求められる問題がありますが、この解法や答えについて理解していますか。

ここでは、このパターンの問題として「50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~」という問題の解き方と答えについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~という問題の解き方と答えは?【SPIなど】

それでは以下で、50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~という問題の解き方と答えについて見ていきましょう。

 

問題の詳細は以下の通り。

・問題

50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬貨を同時に投げ、表が出たものの全額を足すとしましょう。この時、金額の合計が200円になる確率はいくらでしょうか?

 

このような論理的な思考が求められる確率の問題では、状況を1つずつ整理していくといいです。

まずは200円になる場合の組み合わせを確認していきましょう。

後y系が200円となるのは、

・100円2枚のみが表

・50円2枚と100円1枚が表

となる場合だけです。

ここで、後者の50円2枚と100円1枚が表の場合では、100円の選び方に2通りあるため(100円1と100円2で区別する)、合計「3通り」が200円になる場合のコインの場合の数となるのです。

続いて全体の場合の数についても見ていきましょう。

4枚それぞれは表か裏かで2通りずつあるために、2×2×2×2=16通りがすべての通り数となります。

つまり、今回のパターンにて200円となる確率は 3/16 となることがわかりますね、

確率の問題では区別する・しないも重要な判断材料となると覚えておきましょう。

またSPIなどでは時間との勝負なこともあり、無駄な手間をできるだけかけないように苦痛するのが大切ですね。

 

まとめ 50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~という問題の解き方と答え【SPI】

ここでは、50円玉が2枚、100円玉が2枚。この4枚の硬化を同時に~~という問題の解き方と答え(SPI)などについて解説しました。

このような論理的思考が求められる問題では、1つ1つ丁寧に状況を整理するのがポイントですね。

さまざまな計算問題になれ、SPIが数学で高得点を取っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました