スポンサーリンク

40人を対象に英語と数学の試験を行った~~という問題の解き方と答え【SPI】

科学

SPIや数学・算数で高得点を取れるようになるには、たくさん問題を解くことが大切です。

例えば「40人を対象に英語と数学の試験を行った~~」といった、論理的思考が求められる問題がありますが、この解法や答えについて理解していますか。

ここでは、このパターンの問題として「40人を対象に英語と数学の試験を行った~~」という問題の解き方と答えについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

40人を対象に英語と数学の試験を行った~~という問題の解き方と答えは?【SPIなど】

それでは以下で「40人を対象に英語と数学の試験を行った~~という問題の解き方と答え」について見ていきましょう。

 

問題の詳細は以下の通り。

・問題

英語で70点以上の人は18人、数学で70点以上の人は12人いた。英語だけ70点未満だった人が10人いたとすると、どちらも70点未満だった人は何人か?

このような論理的な思考が求められる集合の問題では、ベン図を活用するといいです。

この時、求める「英語と数学のどちらも70点未満だった人」をXとしましょう。

さらに前提条件にて、英語だけ70点未満の人を言い換えると、数学は70点以上の人でもあるため、以下の領域がこの10人となるのです。

つまり、両方とも70点以上の人は12-10=2人とわかるわけです。

よって英語だけ70点以上人は18―2=16人と計算できました。

最後に今回求めたい英語と数学のどちらも70点未満だった人X=40-(16+2+10)=12人と求められました。

上のような問題ではベン図で処理すると容易に溶けますが、こちらのような問題では数式のみで処理した方が、解きやすいので、状況に応じて適宜使い分けを行うといいです。

なお、今回の英語だけ70点未満などの、日本語的になかなかややこしい表現が使われることもあるので、うまい言い換えを考えてみましょう。

SPIなどでは時間との勝負なこともあり、無駄な手間をできるだけかけないように工夫するのが大切ですね。

 

まとめ 40人を対象に英語と数学の試験を行った~~という問題の解き方と答え【SPI】】

ここでは、40人を対象に英語と数学の試験を行った~~という問題の解き方と答え(SPI)などについて解説しました。

このような論理的思考が求められる問題では、1つ1つ丁寧に状況を整理するのがポイントですね。

さまざまな計算問題になれ、SPI、数学、算数などを得意にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました