スポンサーリンク

150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~という問題の解き方と答え【SPI】

科学

SPIや数学・算数で高得点を取れるようになるには、たくさん問題を解くことが大切です。

例えば「150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~」といった、論理的思考が求められる問題がありますが、この解法や答えについて理解していますか。

ここでは、このパターンの問題として「150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~」という問題の解き方と答えについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~という問題の解き方と答えは?【SPIなど】

それでは以下で150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~という問題の解き方と答えについて見ていきましょう。

 

問題の詳細は以下の通り。

・問題

150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―トをとった。旅館が好きな人は全体の60%で、そのうちの40%はホテルも好きであった。また、旅館・ホテルのいずれも好きではない人が25人いた。このとき、ホテルが好きな人は何人なのか?

このような論理的な思考が求められる集合の問題では、ベン図を作成するなどして整理するといいです。

まずは前提条件を整理します。

・旅館が好きな人の人数:150×0.6=90人

・両方とも好きな人の人数:90×0.4=36人

となります。

他の前提条件と併せて、ベン図に記入すると以下のようになります。

この時、数値がわかっていないホテルのみが好きな人の人数を求めると

・150―25―90=35人となるのです。

よって、ホテルが好きな人の人数は、上に両方ともが好きな人の人数を加えて

・36+35=71人

がこの答えとなるのです。

 

このようにベン図などを用いて可視化することによって、その状況がかなり整理しやすくなると覚えておくといいですね、。

またSPIなどでは時間との勝負なこともあり、無駄な手間をできるだけかけないように工夫していきましょう。

 

まとめ 150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~という問題の解き方と答え【SPI】

ここでは、150人を対象に旅行の宿泊施設の好みについてアンケ―ト~~という問題の解き方と答え(SPI)などについて解説しました。

このような論理的思考が求められる問題では、1つ1つ丁寧に状況を整理するのがポイントですね。

さまざまな計算問題になれ、SPI、数学、算数などで高得点を取っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました